• Top
  • スポーツ
  • 第92回 箱根駅伝予選会出場校 in 多摩 【拓殖大学】
スポーツ

箱根駅伝第92回 箱根駅伝予選会出場校 in 多摩

  • ジャンル 箱根駅伝

拓殖大学 陸上競技部

【 箱根駅伝 戦歴 】

本戦に36回出場。
最新出場は、2015年の第91回(16位)
2014年の第90回(9位)
第89回は予選会(13位)
第87回箱根駅伝で3回目のシード権獲得。
過去最高順位の7位。

陸上競技部 監督 岡田正裕氏 (1945年 熊本県出身)

【 プロフィール 】
1967年 亜細亜大学3年生の時、箱根駅伝初出場。
1986年 実業団を経てニコニコドーの監督に就任、
松野明美らを指導し、全国に女子駅伝ブームを巻き起こす。
1999年 母校亜細亜大学監督に就任。
2006年 亜細亜大学初優勝を果たす。
2010年 拓殖大学の監督に就任、チーム指導年数5年目。
岡田監督インタビュー

箱根は自分の練習、
1年間の積み重ねが結果として出るだけ。


選手たちの色々な小さな出来事、
小さな体調の変化、この辺りを把握し、見極めて選手を起用します。
起用して「さあ、お前がんばれ」って送り出した以上は
本人の責任じゃない、私の責任だしね。
だから、エントリーするまでが、私の本当の意味での勝負。
大げさに言えば眼力をどこまで、私生活、練習生活も含めて見ていくか、
それに尽きると思うんですね。
送り出したら我々は何もできない。
監督はただ「頑張れがんばれ」っていうだけでね。


チームにいる70人近くの中から10人という、選ばれた人ですよね。
責任と喜びと、色々なものを含めて走ってくれる。
その中で、力が限られているのに多く望んでもしょうがない。
だから多くを望むことがないよう1年間、生活と練習の中で見ていく。
箱根は一区間に20人走るわけですけどね。
色々な状況から見て区間12番がこいつの力だなって思ったら
「12番がお前の区間賞だよ。12番をしっかり走りなさい」と。
確実にアドバイスしてやると選手が安心するしね、
我々もしっかりと計算を立てながらレース運びが出来る。
箱根というのは、そういう事の積み重ねだと私は思っています。
箱根は、この競技だけは多くを望んだって、クリーンヒットはないですから。

今年の91回、往路は予想通りでした。
よし、明日も予想通りで行ったら、後半戦でシード……?
そんな皮算用をしてたらつまづいた。
1つ歯車が狂うとなかなか修正がきかないのも、箱根の怖さです。
また、チーム全体で戦うっていうのが箱根だろうと、私は本当に思ってます。
今年は、昨年よりしっかりまとまっていますので、
久しぶりに楽しみかなって。

予選会に向けて


本戦で苦戦しますので、予選会はしっかり通りながらも
リラックスする気持ちで。
だからといって安易な気持ちではね。
予選会をなめてたわけじゃないけど、
拓殖に来て私も一度、予選落ちを経験しましたよね。
なめちゃいかんなって。
通らなきゃ話しにならないしね。
やっぱりね、会場に行くと緊張しますよ。
早く終わってくれと思うもんね。
 

コーチ 山下拓郎氏 (静岡県出身)

目配り・気配り・思いやり。
やはりコミュニケーションを取ることが大事。


選手の時とは違って、やはり指導するって難しいなと思いますね。
体調面ってよほどしっかり見ていないと、
「いや、いつもと違う、おかしいな」ってなかなか感じられない。
それこそ24時間、選手の行動や生活を見ていないと。
ちょっとした気の緩み、油断、スキ、そういうことが結果、
取り返しのつかないことになりますので。
責任を感じます。


私と選手たちは10才くらいしか違わないので、
「兄貴と思って何でも言ってこい」とよく言ってます。
「俺から監督には言ってあげるから」と。
相談にくる選手には「俺だったらこういう場合こうするけどな」と言って。
あとはトップである監督の指示も仰がないとだめだよ、
とアドバイスします。

故障が長くなってくると気持ちが落ち込んで
人の言うことが耳に入らなくなる選手もいるんです。
その気持ちはすごくわかる。
でも「練習の時にはそういう気持ちを持ち込むな。
チーム全体の雰囲気が悪くなってしまうので、
自分の部屋に入ってからしっかり考えなさい」と。

 

予選会に向けて

今年のスローガンは「本気、やる気」。
一人ひとりがどうチームに貢献すべきか、
よく考えてやってもらいたいと思います。
そこを考えればチームというのは必然的に
良い方向に向かって、大きな力を発揮できますので。
あとは体調面ですね。自己管理、体調管理は徹底させて。
まずは突破しないことには始まりませんので。


 
 
 

 
 
 
画像をクリックすると拡大されます。
さらに右上[NEXT]クリックで次の画像が見られます。


 
 

 

 
 

合宿写真提供 : BIG-NET.YS