• Top
  • スポーツ
  • アルバルク東京2019-20 シーホース三河第1戦
スポーツ

アルバルク東京2019-20 シーホース三河第1戦連勝中のアルバルク、ホームゲーム

先週の京都戦に勝利し、水曜日のアウェーの北海道戦にも勝利したアルバルク東京。
今日からシーホース三河をアリーナ立川立飛に迎えての試合。

今週末はハロウインということで、
ハロウインスペシャルイベント「ウォーリーをさがせ」とのコラボ。
撮影クルーも赤と白の縞模様(ラグビー日本代表ではありません)。



お気づきの方も多いと思いますが、写真がイマイチです。
実はスチールカメラが他の撮影で入れないと連絡があり、
急遽ビデオカメラで静止画を撮影。

チアリーダーもウォーリーの衣装。



こんなところにも、



もちろんルークも、



さて、試合の方は序盤からアルバルクが得点を重ね、
その上、ディフェンスがよく、前半はA東京45-33三河でリード。

後半は点の取り合いになりましたが、結局A東京92-84三河で逃げ切りました。
アレックス・カーク選手26点
ケビン・ジョーンズ選手19点
菊地祥平選手15点
田中大貴選手12点
と4選手が10点以上。
対する三河も5人の選手が10点以上。

しかし、両チームともディフェンスが強力で厳しい試合でした。
ルカコーチは3連勝を喜びディフェンスをたたえていました。



今日のヒーローは菊地選手と田中選手。



菊地選手のシュートを動画でご覧ください。



田中選手のスチール(敵からボールを奪う)からのシュート、
あまりの速さにピントがあいません(-_-;)



私が今日一番好きなシュートはこれです。
安藤誓哉選手と須田侑太郎選手のコラボシュート。(そういう呼び方するかは不明)



明日もアリーナ立川立飛でシーホース三河が15:05からあります。

by JK